治療院向け月報

治療院向け月報2015年12月号

こんにちは。手技療法会報委員会です。

第51回は、「第20回治療院経営セミナー」の概要をご紹介させていただきます。

■第一部:施術者1名3床の治療院での自費導入

第一部では、株式会社クワトロハート(以下、当社)の清水先生から、まだ小規模院だったころに自費導入を進めた時のお話をしていただきました。

自費導入にはいくつかパターンがありますが、「保険+自費(保険と自費を組み合わせて施術)」→「完全自費(基本的には保険施術は受け付けない)」→「施術以外のサービスを提供する」という流れで自費を導入されたとのことでした。

【ツールの重要性】自費を導入する際は、「ツール」をきちんと用意しておくことが重要です。たとえば、初診時に、他院との違い(自院の強み)、施術スタイル(当社では、40分の施術時間のうち、施術時間は10分だそうです)、料金、これからの流れ、などをまとめ、患者様にお伝えしています。

このツールを作る前に、1か月でリピート獲得ゼロ件というスタッフがいました。様子をうかがうと、伝えるべきことは伝えていました。しかし、その順番やタイミングがずれていたのです。そこで、このツール(当時は1枚紙でした。今では改善を重ね、内容も充実しています)を作成したところ、きちんとリピートしてもらえるようになり、今ではそのスタッフは月に260万円の売上をあげられるほどになりました。

【コミュニケーションの重要性】また、コミュニケーションも重要です。患者様の中には、こちらの話を聞いてくれない人もいます。その理由は、実は患者様は自分の話を聞いてほしい、と思っているからかもしれないのです。そこで、「イエス3連発」といって、お客様の言葉をおうむ返しするなど、きちんと3回リアクションを取ってあげると、こちらの話も聞いてくれるようになります。また、話の中で、「~~ですよね?」と、「イエス」の回答を簡単にもらえそうな質問を繰り返していき、患者様が「イエス」と言いやすい雰囲気を作る、などのテクニックもご紹介いただきました。

【経営者としての決意】ただ、一番大切なのは、実際に何か一つでもやってみること、とのことです。自費を導入する際は、3つの人格がせめぎ合うそうです。それは、患者様の体を治したいと純粋に考える「治療家」、現状をうまく回したいと考える「マネージャー」、現状をより良くするために何ができるかと考える「経営者」です。自費という新しいことを進めるのは、このうち「経営者」としての人格ですが、他2つの人格はこれを妨害しようとするかもしれません。自費を導入するためには、経営者としての決意が求められそうです。

■自費施術の実施における、法律面での留意点

第二部では、未来創造弁護士法人の三谷先生から、保険と自費を組み合わせる際の留意点を、問診票や領収書といった観点からご紹介いただきました。三谷先生は、治療院に特化され、多くの治療家を顧問先として支援をされています。

問診票では、自費施術の併用を明記するなどにより患者様からのクレームを抑えるほか、患者様のお困りごとを聞くなど自費施術へのきっかけ作りなども意図するとよいとのことでした。領収書では、自費施術の価格設定の適切さを意識することで、後日の保険者や税務署からの指摘を防ぐことができます。また、保険は有資格者、自費は無資格者であればOKという認識は、誤りである、といったこともご紹介いただきました。

治療院向け月報 一覧

2020.02.04
治療院向け月報2020年2月号
2020.01.06
治療院向け月報2020年1月号
2019.12.02
治療院向け月報2019年12月号
2019.11.01
治療院向け月報2019年11月号
2019.10.01
治療院向け月報2019年10月号
2019.09.03
治療院向け月報2019年9月号
2019.08.01
治療院向け月報2019年8月号
2019.07.01
治療院向け月報2019年7月号
2019.06.01
治療院向け月報2019年6月号
2019.05.01
治療院向け月報2019年5月号
2019.01.07
治療院向け月報2019年1月号
2018.12.03
治療院向け月報2018年12月号
2018.10.02
治療院向け月報2018年10月号
2018.09.06
治療院向け月報2018年9月号
2018.08.01
治療院向け月報2018年8月号
2018.07.03
治療院向け月報2018年7月号
2018.06.01
治療院向け月報2018年6月号
2018.05.01
治療院向け月報2018年5月号
2018.02.01
治療院向け月報2018年2月号
2018.01.05
治療院向け月報2018年1月号
2017.12.01
治療院向け月報2017年12月号
2017.11.10
治療院向け月報2017年11月号
2017.10.18
治療院向け月報2017年10月号
2017.09.01
治療院向け月報2017年9月号
2017.08.01
治療院向け月報2017年8月号
2017.07.05
治療院向け月報2017年7月号
2017.06.01
治療院向け月報2017年6月号
2017.05.01
治療院向け月報2017年5月号
2017.01.06
治療院向け月報2017年1月号
2016.12.02
治療院向け月報2016年12月号
2016.11.01
治療院向け月報2016年11月号
2016.10.03
治療院向け月報2016年10月号
2016.09.01
治療院向け月報2016年9月号
2016.08.01
治療院向け月報2016年8月号
2016.07.01
治療院向け月報2016年7月号
2016.06.01
治療院向け月報2016年6月号
2016.05.09
治療院向け月報2016年5月号
2016.02.02
治療院向け月報2016年2月号
2016.01.06
治療院向け月報2016年1月号
2015.12.03
治療院向け月報2015年12月号
2015.11.09
治療院向け月報2015年11月号
2015.10.01
治療院向け月報2015年10月号
2015.09.01
治療院向け月報2015年9月号
2015.08.03
治療院向け月報2015年8月号
2015.07.01
治療院向け月報2015年7月号
2015.06.01
治療院向け月報2015年6月号
2015.04.03
治療院向け月報2015年4月号
2015.03.02
治療院向け月報2015年3月号
2015.02.10
治療院向け月報2015年2月号
2015.01.08
治療院向け月報2015年1月号

全てを表示

お問い合わせ

  • 開業のご相談
  • 会社案内

対象地域

東京都全域 (諸島を除く)
(23区…千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区、ほか全域)

神奈川、千葉、埼玉

スタッフ紹介

  • マネージャー
    大賀 亮司

    大賀 亮司
    この仕事についた理由

    大学時代、一生涯できる仕事は何かと考えたときに、私は簿記の勉強をしていたので、税理士という職業に興味がわき、税理士を志すことにしました。
    税法は勉強すればするほど奥が深くやりがいのある仕事だと感じています。

    お客様に一言

    どんな仕事でもそうですが、特に会計事務所の仕事はお客様の大切なお金に関わる仕事であるため、誠実にそして責任感をもって仕事をする必要があると思っています。
    そんな姿勢を評価していただけるととても嬉しいです。

  • 営業企画部主任
    安達 寛朗

    安達 寛朗
    この仕事についた理由

    私は転職してこの業界に入りました。前職では官公庁がクライアントで、間接的に事業者の方の支援をしていました。しかし、次第に「実際にビジネスをしている人に対して、直接お手伝いをしたい」と思うようになり、ミネルバ税理士法人に転職しました。 今は、とても充実した日を過ごすことができています。

    お客様に一言

    ミネルバ税理士法人では、経営計画の作成や補助金申請支援など、会計サービス以外でもお客様のお役にたてれば、と付加価値サービスの充実に努めています。
    ぜひ、ミネルバ税理士法人と一緒に成長していきましょう!

  • 営業部コンサルタント
    上野 雅裕

    上野 雅裕
    この仕事についた理由

    以前、人材業界で働いたことがありました。その時、多くの経営者の方とお会いさせていただき、経営者の方の1番の悩みは 「会社の資金面」だと気づきました。会社の資金面からサポートできる仕事は無いかと考えた時に、この仕事しか無いと思いました。

    お客様に一言

    多くの治療院様をお手伝いさせていただいているからこそ、適切なアドバイスができます。
    安心してお任せください。

  • 営業部コンサルタント
    小向井 康博

    小向井 康博
    この仕事についた理由

    『自分らしさを発揮してイキイキ働ける社会を創る』という大きな夢にむけて、たくさんの経営者の方々と関わりながら、一人でも多くのお客様との繋がりを通して実現できるのがこの仕事だと思ったからです。

    お客様に一言

    営業は『お客様の問題を解決し、一緒に成長の喜びを分かち合うもの』という考えで日々実践していきます。一日でも早く皆様にとって喜ばれる存在になれるよう精進していきます。どうぞ宜しくお願いいたします。

  • スタッフアドバイザー
    加藤 貴之

    加藤 貴之
    この仕事についた理由

    弊社では、スタートアップの経営者の方とお会いする機会が非常に多いです。 スタートアップ時には、資金的にも規模的にも社会保険労務士との顧問契約が困難な場合もあります。 そんな時であっても、気軽にご相談していただければと思い、現職を志望しました。

    お客様に一言

    財務のエキスパート、税務のエキスパート、労務のエキスパートは、それぞれ独立されている先生がいらっしゃいます。 弊社では、それぞれのエキスパートが一つの事務所内(フロア内)にいるため、何かあった時にすぐに解決できる仕組みが整っています。 貴社の経営をトータルサポート致します。どうぞよろしくお願い致します。

ページの先頭に戻る