最新情報&お役立ち情報

上田会計週報『経理処理 複雑な取引は原則へ』2018.06.18

経理処理の大原則は貸借を一致させること

本来複式簿記は資産の管理から始まりました。新たな資産が増えた場合、購入のための資産が減ったと考えます。車の購入を例にとると以下となります。

車両100/預金100

しかしそのうち商売を始めるとそうはいかなくなりました。商品の仕入れは上記の資産の購入と同じです。

商品100/預金100

売った場合が問題です。仕入れた商品を200で売った場合、以下となり貸借が合いません。

預金200/商品100

そこで考え出されたのが損益勘定です。

預金200 商品100

商品販売益100

現在の経理処理

現在では商品の仕入れは「仕入」と言う損益勘定で処理し、売った場合は「売上」と言う損益勘定で処理しますが、元々は上記の考え方が原則です。

そこで今でも売れ残った商品は在庫として資産に計上します。

例えば2個仕入れて1個売った場合、現在の経理処理は以下となります。

仕入200/預金200

預金200/売上200

商品100/期末棚卸100

原則的な考え方では以下です。

商品200/預金200

預金200 商品100

商品販売益100

複雑な取引は原則へ

複雑な取引はこの原則に立ち返ると間違いなく処理できます。

定価500の新車を、従来所有していた車を100で下取りしてもらい、更に50値引きしてもらい購入しました。購入にあたって諸経費が48かかりました。差引振り込んだ金額は398でした。因みに従来の車の簿価は30でした。

まず明らかな事実だけを貸借に記録します。新車は50の値引きなので450、支払ったお金は398、諸経費は48、古い車の簿価は30。増えた資産は借方、減った資産は貸方です。

車両450 預金398

経費48  車両30

貸借一致が原則ですから、差額は下取り車両の売却益70と言うことになります。

 

最新情報 一覧へ

お問い合わせ

  • 開業のご相談
  • 会社案内

対象地域

東京都全域 (諸島を除く)
(23区…千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、 荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区、ほか全域)

神奈川、千葉、埼玉

スタッフ紹介

  • スタッフ紹介

    この仕事についた理由: 以前、人材業界で働いたことがありました。その時、多くの経営者の方とお会いさせていただき、経営者の方の1番の悩みは 「会社の資金面」だと気づきました。会社の資金面からサポートできる仕事は無いかと考えた時に、この仕事しか無いと思いました。

    お客様に一言
    多くの治療院様をお手伝いさせていただいているからこそ、適切なアドバイスができます。
    安心してお任せください。

  • スタッフ紹介

    この仕事についた理由: 『自分らしさを発揮してイキイキ働ける社会を創る』という大きな夢にむけて、たくさんの経営者の方々と関わりながら、一人でも多くのお客様との繋がりを通して実現できるのがこの仕事だと思ったからです。

    お客様に一言
    営業は『お客様の問題を解決し、一緒に成長の喜びを分かち合うもの』という考えで日々実践していきます。一日でも早く皆様にとって喜ばれる存在になれるよう精進していきます。どうぞ宜しくお願いいたします。

  • スタッフ紹介

    この仕事についた理由: 前職で信用金庫に勤務していました。融資による資金繰り、節税対策など、経営の根幹に携わる仕事に就きたいと思い、志望しました。

    お客様に一言
    資金繰りを始め、お気軽にご相談ください。

ページの先頭に戻る